ニュース検索

ニュース検索

検索期間

羅針盤・RECX22

4日 WTIは反発も米景気の減速懸念で上値の重い展開

 1115分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)WTI原油相場(11月限)は、前日比23セント高の52.68ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(12月限)は同21セント高の57.92ドル/バレルで推移している。

 

 WTIは前日の海外市場での下落を受け、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員(=写真)は「反動がみられる」と指摘した。ただ、米サプライマネジメント協会(ISM)が今週発表した9月の製造業と非製造業の景況指数が低下したため、米国の景気が減速しているとの懸念が浮上し、原油需要が減少するとの見方から、上げ幅は限定的となっているようだ。

 

 日経平均株価は前日比347銭安の21,30767銭で推移している。ドル円相場は1ドル=106.75円と、前日17時時点(107.23)からドル安・円高が進んでいる。

  

◎リムエネルギー総合指数22種(レックス22、2010年平均=100) 91.10 (↓1.76)

<PR>新刊のお知らせ

820日から季刊誌『エネルギー通信』を発刊しました!詳細はこちらをクリックしてください。

 

『やさしい石油精製の本』を発刊しました!詳細はこちらをクリックしてください。

東京 : 田鎖   03-3552-2411Copyright © RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.

購読のお申し込みをいただくと会員限定の記事が読めます。

本サイト会員の方
ログイン
まだ本サイトの会員でない方
購読のお申し込みへ

おすすめ・注目記事

  • やさしい石油精製の本
  • 新レポート Cross View 軽油重油