ニュース検索

ニュース検索

検索期間

再エネ

商船三井-「帆」を持つ日本初の大型商船を開発へ、GHG削減を狙う

 商船三井はこのほど、大島造船所(長崎県西海市)と共同で、一般財団法人 日本海事協会(NK)から、硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認(AIP)を取得したと発表した。

 この風力推進装置は、風力エネルギーを伸縮可能な硬翼帆によって推進力に変換して利用する装置で、商船三井と大島造船所が中心となって取り組む「ウィンドチャレンジャープロジェクト」の根幹となる技術だ。風力エネルギーを利用し、温室効果ガス(GHG)排出の削減を目指すという。

 今後、詳細設計を進め、2022年中に硬翼帆を1本実装した新造船の運航開始を予定する。1本帆によるGHG削減効果は日本-豪州航路で約5%、日本-北米西岸航路で約8%を見込む。

東京 : 阿部(な)   03-3552-2411Copyright © RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.

購読のお申し込みをいただくと会員限定の記事が読めます。

本サイト会員の方
ログイン
まだ本サイトの会員でない方
購読のお申し込みへ

おすすめ・注目記事

  • やさしい石油精製の本
  • 新レポート Cross View 軽油重油