リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート:7月23~27日:タイIRPC、9~10月着で6油種を手当て

2018/07/30 07:00

 

中東

 

バーレーン国営石油会社(BAPCO)は入札を通じ、9月積みバノコアラブミディアムを中国の需要家に販売した。価格はサウジアラビア産アラブミディアム(AM)指標に対し30セント前後のディスカウント。米国産中質原油との競争激化が落札価格を押し下げた。一方、タイ石油公社(PTT)は同国石化会社IRPC向けに、910月着でアブダビ産アッパーザクムを購入した。

 

アフリカ・欧州・ロシア・アメリカ

 

米国産原油では、台湾のフォルモサ石油化学(FPCC)9月着でマーズを調達した。価格はCFRでドバイ市況に対し6070セントのプレミアムと、下落基調に歯止めがかからない。米国と中国の貿易摩擦をきっかけに、中国から押し出された米国産原油が他のアジア主要国に流れ込み、需給緩和に拍車がかかっている。一方、タイPTTIRPC向けに、910月着でナイジェリア産アクポとリビア産ワファコンデンセートを手当てした。

 

南方

 

ベトナム産原油では、同国国営PVオイルが201810月~20193月積みを対象にランドンのターム販売入札を開示した。各月20万バレルを販売する。一方、タイPTTIRPC向けとして、910月着で豪州産ジップスランド、ベトナム産ハイタックコンデンセートおよびマレーシア産ミリを調達した。

 

東京 : 原油・コンデンセートチーム  狩野  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?