リムマーケットニュース >  海外支店便り

インドネシア=ガソリン補助金撤廃も原油安で影響なし

2015/01/16 12:00

 インドネシア政府は1日、ガソリンの補助金を撤廃した。軽油については補助金額を1リットル当たり1,000ルピア(0.08米ドル)に固定することを決めた。経常赤字が深刻なインドネシアは、財政の有効運営を目的に燃料補助金廃止/縮小で得た余剰金をインフラ整備や教育面など国民が希望する用途に支出する計画だ。

 

 ただ、原油価格の下落が続いているため、インドネシアの国内ガソリン価格は補助金を廃止しても値下がりしている。補助金廃止後の1月のガソリン価格は7,600ルピアと、12月末時点の8,500ルピアから切り下がっている。このため、補助金廃止に反対する声は現時点で殆どない。

 

 インドネシアの燃料補助金制度は元々、石油輸出収入を国民に分配する目的で設定されたもの。しかし、同国は既に石油の純輸入国で、補助金制度は財政を悪化させる制度にすぎなくなっていた。燃料補助金支出の政府財政に占める割合は2014年で35%程度に達したといわれている。これが2015年は10%未満まで圧縮される見通しだ。

 

 

シンガポール 萩本 智史  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?