リムマーケットニュース >  海外支店便り

中国=高密度ポリエチレン(HDPE)の先行き見通し

2017/12/22 12:00

 中国国内の高密度ポリエチレン(HDPE)の相場の先行き見通しについて、市場では先高観が強まっている。供給タイト感がしばらく続くと見られているためだ。現状、中国国内のHDPE自給率は52%で、このうちガス管などに使用するパイプグレードの生産量が31%を占めていると業界筋が伝えている。11月以降は悪天候の影響で中国国内のHDPE設備の稼働率が低下しているほか、物流にも遅れが生じているようだ。

 

 中国国内のポリエチレン市場は、2016年には低密度(LDPE)ポリエチレン相場が供給タイト感から強基調となっていたが、17年下半期は、HDPE相場の上昇が目立った。背景には、パイプグレードの需要が堅調に推移していることがある。これに伴い、多くの国内メーカーがHDPEの生産モードをパイプグレードに切り替える動きを見せている半面、HDPEフィルムなど他のグレードの生産量が減っている。輸入品は少なく、HDPE供給に引き締り感が出ている。

 

 

上海  金 雪梅  03-3552-2411
Copyright©2018 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?