リムマーケットニュース >  海外支店便り

シンガポール=LNG第4タンクが今年前半に完成、LNG事業を積極的に推進

2018/03/16 12:00

 シンガポールでは、建設中の液化天然ガス(LNG)4タンクが今年前半に操業を開始する見通し。同国貿易産業省のS・イスワラン大臣が228日と31日に開かれた第13LNGサプライ会議(LNGA、コンファレンスコネクション主催)で語った。第4タンクが完成すれば、シンガポールのLNG備蓄容量は現在より26万立法メートル増え80万立法メートルとなる。新タンクは操業開始後に、入札により貸し出される予定だ。シンガポール政府は、2018年の世界のLNG取引数量が前年比10%拡大すると予想。LNG事業を積極的に推進する姿勢を見せている。

 

 LNGA会議では、日本の資源エネルギー庁の石油・天然ガス課長・佐々木氏が特別講演。日本は官民共同で公正かつ健全なLNG市場の発展を支援するプログラムを推進すると強調した。また、毎年秋に開くLNG産消会議について、今年は官民共催で名古屋で開催すると述べた。同会議を東京以外で開催するのは初めて。

 

 

シンガポール 萩本 智史  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?