リムマーケットニュース >  海外支店便り

中国=世界のPE生産能力拡大、中国の増加が牽引

2019/07/12 12:00

 世界のポリエチレン(PE)の生産能力は、市場関係者によると2023年までに1.57億トン/年に拡大するようだ。2018年時点での能力は1.10億トン/年で、43%増加する見込みだ。

 

 市場関係者によると、建設中または2023年までに計画されているPE工場は159カ所で、主にアジアと中東に分布している。アジアの能力は2018年の3,987万トン/年から、2023年の5,710万トン/年と、43.2%増加する見通し。このうち中国の能力は同年までに756万トン/年になると見られている。中国のPE需要は増え続けており、同国のPE生産能力は拡大が続いている。今後5年間、中国のPE生産能力の拡大がアジア全体の40%以上を占める見込みだ。

 

 中国の次にPE生産能力の拡大が大きいのは北米。2018年の2,315万トン/年から2023年の3,382万トン/年と46.1%増加する見通し。このうち米国の能力が約935トン/年に増えると見られている。

 

 一方、中東地域のPE能力は2018年の2,080万トン/年から2023年の2,852万トンに増加する見通し。シェールガスの供給が潤沢で、需要が低迷しているエタンを消費するため、北米と中東メーカーはPEの生産能力を強化しているようだ。

 

上海   金 雪梅  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?