リムマーケットニュース >  市況羅針盤

11日午前 原油は小動き、強地合いの中新規材料待ちで様子見

2018/01/11 11:30

 1115分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)WTI原油相場(2月限)は、前日比5セント安の63.52ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(3月限)は、同7セント安の69.13ドル/バレルと、いずれも小動き。

 足元は目立った変動要因に欠け「市場参加者は新規の材料待ちで様子見している」(石油天然ガス・金属鉱物資源機構<JOGMEC>=野神隆之主席エコノミスト)。ただ、米エネルギー情報局(EIA)10日に公表した週間石油統計で、米原油在庫が前週比490万バレル減少したことを受け「需給の引き締まり感が出て相場は底堅い」(同氏)という。

日経平均株価は前日比8381銭安の23,70439銭で推移している。ドル円相場は1ドル=111.56円と、前日17時時点(111.94)と比べ、ドル安・円高方向に振れている。

 

◎リムエネルギー総合指数22種(レックス22、2010年平均=100):115.28 (↓0.17)

 

2018年の市況予測はこちらをクリック!

2018年の原油見通し 著名アナリスト、エコノミストにズバリ聞く―「笑う」戌年となるか

著名アナリストやエコノミストに伺った2018年の見通しを無料公開中!

 

 

 

東京 : 西江  03-3552-2411
Copyright©2018 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?