リムマーケットニュース >  市況羅針盤

9日 原油は続伸、米中貿易協議の進展期待が強材料

2019/01/09 11:30

 1115分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)WTI原油相場(2月限)は、前日比79セント高の50.57ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(3月限)は、同73セント高の59.45ドルで推移している。

 現在北京で開催中の米中貿易協議が、当初予定の2日間を延長し3日目に突入したため「協議の進展、景気回復に対する期待が高まり、原油の強材料となった」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員=写真)という。また、米国の株価上昇を受け、同氏は「リスク資産全般に買いが広がっている」と付け加えた。

 日経平均株価は前日比25024銭高の245428銭で推移している。ドル円相場は1ドル=108.76円と、前日17時時点(108.97)から、ややドル安・円高方向に振れている。

 

◎リムエネルギー総合指数22種(レックス22、2010年平均=100):90.15 (↓0.82)

 

<PR>新刊のお知らせ

『やさしい石油精製の本』を発刊しました!詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

 

東京 : 西江  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?