リムマーケットニュース >  市況羅針盤

10日 原油は続伸、予想を大幅に上回る米在庫減を受けて

2019/07/10 11:30

1115分現在、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)WTI原油相場(8月限)は、前日77セント高の58.60ドル/バレル、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油相場(9月限)は、同58セント高の64.74ドル/バレルと、いずれも続伸している。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員(=写真)は、「イラン情勢を巡る中東地域の地政学的リスクの高まりと、米国の原油在庫の予想以上の取り崩しを支援材料に買いが入っている」と述べた。米国石油協会(API)がこのほど発表した週間石油統計では、米原油在庫は前週比813万バレル減だった。4週連続の減少で、取り崩し幅は市場予想の250万バレル減を大きく上回った。ただし、欧州で製造業の経済指標が低調だったことを受け、芥田氏は「景気減速懸念が根強いため、現時点では大きく上昇するとは考えにくい」と付け加えた。

日経平均株価は前日比1560銭安の21,54955銭で推移している。ドル円相場は1ドル=108.88円と、前日17時時点(108.82)と比べてほぼ同水準。

 

◎リムエネルギー総合指数22(レックス222010年平均=100)94.71(0.06)

 

<PR>新刊のお知らせ

『やさしい石油精製の本』を発刊しました!詳細はこちらをクリックしてください。

 

東京 : 犬塚  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?