リムマーケットニュース >  市況

LPG: 11月27日~12月1日: 相場は下落、原油安を受け

2017/12/04 07:00

CFR極東:

 Rim  Asia  Indexはプロパンが595.75ドルと11月24日比6.75ドル安、ブタンは565.75ドルと同5.75ドル安。原油相場の下落を受けた。1月前半着プロパン2万3,000トンが11月29日、608ドルで成約された。その後、同荷姿の販売に積極的な売り手が市場に現れ、1日にも595.5ドルに相当する水準で成約が結ばれた。

 

 

FOB中東: 

 12月CPはプロパン590ドル、ブタン570ドルで確定した。1月CPはプロパン584ドル、ブタン564ドルと予想されている。スポット市場では、一部のトレーダー勢が1月積みプロパン/ブタン各2万2,000トンの転売を1月CP対比10ドル前後のディスカウントで検討しているようだ。一方、積極的な買い手は市場に見当たらず、商談の進展は鈍い。

 

 

アジア高圧:

 華南積みでは、12月積みが12月CP対比30ドル台前半のプレミアムで販売可能とみられている。ベトナムでは、カマウガスプラントが12月渡しでスポット玉を売り唱えているもよう。一方、ズンクワット製油所出しの1月起こしターム販売入札は、南ベトナム向けが各月CP対比46~48ドルのプレミアムで落札されたようだ。

 

 

日本国内:

 12月渡しの海上バージ相場は買い気の弱さを受け、プロパンが1日に軟化。買唱えはプロパン、ブタンとも74,000円台前半。一方、売り手はプロパン76,000円、ブタン75,000円で唱えている。陸上トラック相場は供給増を受け京浜、阪神ともに下落。売唱えはプロパンが74,000円台半ば~後半、ブタン74,000円前後~74,000円台前半。


レポートサンプルはこちら

東京 : LPGチーム  小屋敷  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?