リムマーケットニュース >  海外ニュース

シンガポール=規格外のバンカー油の流通続く

2018/04/17 17:58

 シンガポールのバンカー市場で、依然として規格外品が出回っており、一部の船社が補油を敬遠する事態が続いている。調達時には玉の供給元を確認する作業が必要で、日本など代替港での手配を検討する邦船社もいるようだ。12日付アジア石油製品レポートで報じた通り、大手トレーダー玉を中心に、引火点が摂氏60度に満たないもの、金属値が規定の上限値60mg/kgを大きく超えているものが、4月初旬以降、相次いで報告された。今週に入ってからは金属値が規格内の玉が徐々に流通し始めているものの、未だに上限値である60mg/kgを超える玉も確認されている。現時点では、金属値の超過と、低引火点の相関関係は認められない。

東京 : 山岡 彩奈  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?