リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート:12月18~22日:2月サハリンブレンドが急伸、EFS拡大で

2017/12/25 07:00

中東原油 

 タイ石油公社(PTT)は、同国石化会社IRPC向けの2月20日~3月10日着を対象としたサワー原油の買付け入札で、アブダビ産マーバンとアッパーザクムを調達。このうちマーバンは仏トタルが2カーゴを販売したほか、中国華信(CEFC)とターム契約を結んでいる欧トレーダーが1カーゴを落札した公算が大きい。一方、アッパーザクムについては、欧ビトールが入札直前までアッパーザクムの売りに動いていたことから、このカーゴが落札された可能性がある。

  

アフリカ・欧州・ロシア・アメリカ

 2月積みサハリン産サハリンブレンドの相場は、ドバイ市況に対するプレミアムが4.30~4.40ドルと前日比で1.00ドル拡大した。ブレントとドバイのEFS格差は一時期の高値から反落したものの、引き続き3ドルを超える水準に推移しているため、ドバイ市況に連動する油種の評価が上昇した。さらに、アジアにおけるナフサのクラックスプレッドが強基調を保っていることも、相場を押し上げた。サハリンエナジーは、20日に締め切った販売入札で対象となる2月27日~3月5日積みの73万バレルを販売した。買い手は、日本の需要家と伝えられた。価格は、ドバイ市況に対して4.30~4.40ドルのプレミアム。サハリンエナジーは、同入札のカーゴ以外に、2月後半積みから3月積みで合計4カーゴを販売した。これらのカーゴは、同市況に対して4.20ドル~4.50ドルの範囲のプレミアムで日本と韓国の需要家へスポット販売された。このうち、1カーゴは太陽石油とみられるターム契約者に仕向けられたようだ。これらの成約で、サハリンエナジーは、2月後半から3月積みで販売予定だったカーゴを全て販売した。1月積みサハリンブレンドは既報のとおり、大半のカーゴがドバイ市況に対して3.30~3.40ドルのプレミアムで成約されていた。

 

南方原油

 2月積みベトナム産チムサオの市況連動相場は、上昇。DTDブレント指標に対するプレミアムは3.15~3.25ドルと、前日比で15セント拡大した。軽油のクラックスプレッドの拡大を背景に、需要家の評価が切り上がった。ベトナム国営PVオイルが既報の19日に締め切った入札で販売した3カーゴの落札価格は、いずれもDTDブレント指標に対して3ドル台前半のプレミアムだったことが明らかになった。全3カーゴを既報のとおり、中国国際連合石化(ユニペック)が落札。今回の入札の対象は1~5日、11~15日および23~27日積み各30万バレル。前回1月積みの入札における落札水準は既報のとおり、DTDブレント指標に対して3ドル前後~3ドル台前半のプレミアムだった。

 

Middle East Crude

 The Petroleum Authority of Thailand (PTT) purchased Abu Dhabi Murban and Upper Zakum in its sour crude buy tender for the country’s petrochemical firm IRPC for Feb 20 to Mar 10 arrival. For the Murban, French Total sold two cargoes and a European trader having a term contract with China CEFC Energy could have sold the remaining one cargo. Meanwhile, for the Upper Zakum, European Vitol had offered one cargo just before the tender, so that the cargo could have been awarded.

 

African/European/Russian/American Crude

The market of February-loading Sakhalin Blend surged to premiums of $4.30-4.40 to Dubai quotes.The Brent/Dubai EFS peaked out from recent highs, but still hovered above the $3 mark, pushing evaluations for Dubai-linked grades higher. The market was also lifted by sustained strong crack spreads for naphtha in Asia. Sakhalin Energy sold one 730,000bbl cargo for Feb 27-Mar 5 loading in its tender closed on Wednesday. The cargo changed hands to a Japanese end-user at a premium of $4.30-4.40 over Dubai quotes. Besides the cargo in the tender, Sakhalin Energy sold a combined four spot cargoes for H2 February and March loading to end-users in Japan and South Korea. These four cargoes out of the tender fetched premiums in the range of $4.20-4.50 over Dubai quotes. One of the cargoes was apparently placed to a term contractor seen as Taiyo Oil. Following the deals, Sakhalin Energy fully committed its planned cargoes for H2 February to March loading. Most of January-loading Sakhalin Blend cargoes were earlier traded at premiums of  $3.30-3.40/bbl to Dubai quotes.

 

 

Asia Pacific Crude

ThemarketofFebruary-loadingVietnam’sChimSaowas stablefrompreviousmonth.SpotdifferentialsforFebruary-loadingwerequoted atpremiumsof$3.15-3.25/bbltoDated Brent.EvaluationsforChimSaofrom end-userswereraisedonthebackofwideningcrackspreadsforgasoilinAsia. Vietnam’sstate-ownedPVOilsoldthreecargoesinitsselltenderclosedon Wednesday.Allofthesecargoeswerehearddoneatpremiumsoflow$3.00/bblto Dated Brent.AllofthethreecargoesweresoldtoChinaInternationalUnited Petroleum&ChemicalsCo(UNIPEC).Itsold1-5,11-15and23-27loading, each300,00bblinthetender.PVOilinitspreviousJanuary-loadingsell tendersoldChimSaoatpremiumsofaround$3.00tolow$3.00/bbltoDated Brent. 
東京 : 原油・コンデンセートチーム  橋本  03-3552-2411
Copyright©2018 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?