リムマーケットニュース >  週間サマリー

アジア石油製品:12月18~22日:ガソリンとジェット燃料は弱含み

2017/12/25 07:00

 ガソリン

 北東アジア積みガソリン(MR船型)の市況連動相場は、前週から弱含んだ。売り気の強さが相場を下押した。年末やクリスマスのホリデーシーズンに近付いていることから、石油会社が1月積みの販売を強めている。

 

 ナフサ

 北東アジアのナフサ相場は高値での推移が続いているものの、一部で弱材料も浮上している。欧州の相場が弱くアジアにアービトラージ品が持ち込まれやすくなっていることに加え、2月以降にアジアの一部石化メーカーでクラッカーの定修が予定され、ナフサ需要の低下が見込まれている。

 

 中間留分

 北東アジア積みジェット燃料(MR船型)の市況連動相場は、前週から弱含んだ。北東アジアの石油会社が依然として1月積みのスポット販売を進めている中、相場に下押し圧力が強まっている。クリスマスのホリデーシーズンに近付いているため、売り手は1月積みの販売を急いでいる。一方、シンガポールの先物価格が期先安で推移していることもあり、トレーダー筋は1月下旬積みの買いを避けたい意向である。

 

 重油

 日本着0.3%S重油(MR船型)の市況連動相場は、前週からもち合った。韓国では、韓国地域暖房公社(KDHC)2018210日までの2週間に到着する0.3%S重油32,000トンの買付け入札を実施している。韓国の電力会社からは、発電燃料用として重油カーゴの買いが相次いでいる。寒さが強くなり、電力の需要が増えている。

 

「アジア石油製品」レポートサンプル

「石油製品(英語)」レポートサンプル

 

 

東京 : 海外製品チーム  田鎖  03-3552-2411
Copyright©2018 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?