リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート:6月25~29日:IRPC向け入札、ブルネイ、ベトナムおよび域外産が落札

2018/07/02 07:00

中東原油

 クウェート産原油の商いでは、同国国営石油会社(KPC)が28日、新原油のクウェートスーパーライト(KSL)の販売入札を締め切った。対象は7月26~27日積みの50万バレル。KSLの価格評価について、品質が比較的近いサウジアラビア産アラブスーパーライト(ASL)には及ばない、との意見が市場では聞かれる。KSLはAPI比重が48~49度、硫黄分が0.3~0.4%と、ASLよりやや劣るうえ、「今回が初めてのカーゴということもあり、実際の品質が不透明なことから買い手がイニシャルディスカウントを求める公算が大きい」(シンガポールのトレーダー)。さらに船積みが7月と期近で、引き取り可能な買い手が限られることも、KSLの応札価格を抑える要因となりそうだ。サウジアラムコが前回発表したASLの7月積みOSPフォーミュラは、ドバイとオマーンの平均に対し6.30ドルのプレミアムだった。

 

アフリカ・欧州・ロシア・アメリカ

 8月積み東シベリア産エスポの商いでは、露生産者スルグトネフテガスは既報のとおり、8月積みとして2回目の販売入札で、対象となる5カーゴ(12~16日、16~20日、20~24日、24~28日と28~31日積み)を販売した。その後、これらのカーゴは、ドバイ市況に対して2.40~2.60ドルのプレミアムで販売されていたことが判明した。このうち、3カーゴは中国国際連合石化(ユニペック)を含む中国の需要家へ販売され、残りの2カーゴはトレーダーへ販売されたと伝えられた。

 

南方原油

 タイ石油公社(PTT)が25日に締め切った8月15日~9月10日着を対象としたIRPC向けの軽質スウィート原油およびコンデンセートの買付け入札が決着した。南方産として、ベトナム産ハイタック・コンデンセートおよびブルネイ産チャンピオンが落札された。ハイタックは、ユニペックが販売。

 この他、PTTは今回の8~9月着のIRPC向けの買い付け入札において、ブルネイ産チャンピオンも購入した。売り手は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルとみられている。この他、域外産コンデンセートも今回の入札で落札された。

東京 : 原油・コンデンセートチーム  橋本  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?