リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート:10月29日~11月2日:ADNOC、12月積みウムルルを販売

2018/11/05 07:00

中東

 アブダビ産原油の商いでは、新原油のウムルルに新規成約が伝えられた。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)がこれまでに、12月積みで少なくとも1カーゴを販売した。買い手の詳細は現時点で不明ながら、価格はアブダビ産ダスのOSPに小幅なプレミアムと伝えられる。既報のとおり、ウムルルの足元の生産量は日量5万バレルを超えており、12月積みでは3~4カーゴの供給が予定されている。

 

アフリカ・欧州・ロシア・アメリカ

 1月積みサハリン産ソコールの市況連動相場は、ドバイ市況に対して4.85~4.95ドルのプレミアムに下落し、12月積みの後半戦と比べて30セント縮小した。ブレントとドバイのEFS格差が縮小傾向にあり、ドバイ市況に連動する油種の評価が低下しているうえ、12月積みの同じく極東産の東シベリア産エスポの相場も急落している。さらに、1月積みのソコールの供給は全体で13カーゴ程度と、例月よりより2カーゴ程度多いことも、相場の下げ材料となった。インド石油天然ガス公社(ONGC)は31日に締め切った販売入札で、対象となる1月4~10日積みを販売した。買い手はSKエナジーとみられる韓国の需要家で、価格はドバイ市況に対して4.90ドル前後のプレミアムとなった。

 

南方

 タイ石油公社(PTT)が10月18日に締め切った12月25日~1月10日着の同国石化IRPC向けの軽質スウィート原油およびコンデンセートの買付け入札で、インドネシア産ゲラガイコンデンセート、ゲラガイ原油およびベトナム産ダイフンが落札された。ゲラガイコンデンセートおよびゲラガイ原油はトレーダーのカーネルが落札した。ダイフンは、ベトナム国営PVオイルが入札で販売した12月25~30日積み40万バレルを落札した欧トレーダーのBBエナジーが、IRPC向け入札で転売したもよう。

 

東京 : 原油・コンデンセートチーム  橋本  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?