リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート=12月17~21日:2月積みベトナム産チムサオが下落

2018/12/24 07:00

中東原油/コンデンセート

 タイ石油公社(PTT)は、17日に締め切った220日~310日着を対象としたサワー原油の買付け入札を通じ、同国石化会社IRPC向けに2カーゴのマーバンを調達した。価格はFOB換算でOSP指標に対し20セント前後のディスカウント。売り手はいずれの仏トタルと伝えられた。

 

アフリカ/欧州/ロシア/アメリカ原油/コンデンセート

 2月積み東シベリア産エスポの市況連動相場は反発した。競合となるアブダビ産マーバンなどと比べた割安感から、相場が上昇した。また、代表的な需要家である中国の需要家は、前月買い控えていた反動でもあり、エスポの手当てに動いているようだ。露生産者ガスプロムは今週前半に締め切った入札で、対象となる313日積みを販売した。買い手の詳細は不明ながら、価格はドバイ市況に対して3.20ドル前後のプレミアムとなった。一方、上記の入札の前に落札された露スルグトネフテガスの販売入札では、対象の2カーゴ(131日~24日積み、248日積み)がドバイ市況に対して2ドル台後半のプレミアムで落札されていた。

 

南方原油/コンデンセート

 2月積みベトナム産チムサオの市況連動相場は下落した。軽油および重油のクラックスプレッドの縮小と中国の需要減少が背景にある。ベトナム国営PVオイルは19日に締め切った入札で、2812日および2428日積みのチムサオ各30万バレルを販売した。これらの落札価格はDTDブレント指標に対して3ドル台前半のプレミアムだったとの情報が寄せられた。これは前月1月積みの落札価格を50セント~1.00ドル下回る水準。市場関係者からは、下落の背景として「製品マージンの低下に加えて、今回はベトナム国内のビンスン石油精製化学が積極的に調達に動かなかったことも影響している」(北東アジアの需要家)と指摘された。

 

 

 

 

 

 

 

東京 : 原油・コンデンセートチーム  高木  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?