リムマーケットニュース >  週間サマリー

原油・コンデンセート=7月1~5日:INPEXが8月積みで豪プレリュードを初販売

2019/07/08 07:00

 

中東

 

アブダビ産マーバン原油の6月積みOSPは、ドバイ市況に対し3.04ドルのプレミアムと、前月から7セント引き上げられた。一方、サウジアラビア産アラブエクストラライト(AEL)原油の8月積みOSPフォーミュラは、ドバイとオマーンの平均に対し2.65ドルのプレミアムと前月から55セント縮小。マーバンとAELOSP格差はマーバンの39セント高に逆転した。前月はマーバンの23セント安だった。

 

アフリカ・欧州・ロシア・アメリカ

 

アフリカ産原油では、マレーシア国営ペトロナスが7月末積みのスーダン産ナイルブレンドを中国の需要家に販売した。価格はDTDブレント指標に対し1.101.20ドルのディスカウント。チャド産ドバは、米フィラデルフィア製油所の閉鎖に伴い、売り物を転売する動きが出ている。コンデンセート関連では、アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ国営石油会社(ENOC)8月着で米国産イーグルフォード55を手当てしていたことが明らかとなった。

 

南方

 

豪州産原油では、タイ石油公社(PTT)910月着を対象とした軽質スイート原油およびコンデンセートの買い付け入札を通じ、同国石化会社IRPC向けにジップスランドを手当てした。また、豪サントスは8月積みクーパーベイスンを欧ビトールに販売した。コンデンセート関連では、国際石油開発帝石(INPEX)8月積みで同社として初めてのカーゴとなるプレリュードを欧トラフィギュラに販売した。

 

東京 : 原油・コンデンセートチーム  狩野  03-3552-2411
Copyright©2019 RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.
facebook      twitter

About SSL?