ニュース検索

ニュース検索

検索期間

週間サマリー

石油化学=9月30日~10月4日:エチレンに下げ止まり感、設備不具合で

【アロマティクス】

 北東アジアの芳香族製品相場は総じて軟調に推移した。原油相場に先安観が強まったことを受けた。加えて、ベンゼンやパラキシレン(PX)では中国や東南アジアで新規設備の稼働開始を控えていることも相場を下押す要因となり、いずれも週を通じて軟調な展開となっている。

 

【オレフィン】

 北東アジアのオレフィン市場は主要な需要国である中国が国慶節のため連休に入っており、活発さを欠いた展開となった。エチレン市場では中国のSPケミカルが保有するエチレン設備が1日、不具合のため停止したとの観測が浮上した。これにより、エチレン供給の余剰感が後退している。中国需要家が800ドルで買い付けたとの情報も寄せられており、相場には底打ち感が台頭した。

 

 北東アジアのプロピレン市場は中国が連休入りしており静かな展開となった。当面、北東アジア、東南アジアで設備の定修が相次ぐことから、域内の供給は限られるとみられる一方、景気の先行き不安の台頭から需要が低減する懸念も出ており、国慶節連休後の動向に注目が集まっている。

 

 北東アジアのブタジエン市場は中国が連休入りしており活発さを欠いている。期近着品については定修やトラブルで引き締まり感が強いものの、期先着については域外品が相次いで流入するとみられており、相場は期先安を形成している。これまでに、12月末着の欧州品が1,130~1,150ドルで成約されていたと伝えられた。ただし、10月前半着であれば1,200ドル台半ば~後半で商談可能なようだ。

 

試読のお申込み

 

「石油化学」レポートサンプル

「石油化学(英語)」レポートサンプル

 

PetChem Wkly1004.png

東京 : 石油化学チーム  田鎖   03-3552-2411Copyright © RIM Intelligence Co. ALL RIGHTS RESERVED.

購読のお申し込みをいただくと会員限定の記事が読めます。

本サイト会員の方
ログイン
まだ本サイトの会員でない方
購読のお申し込みへ

おすすめ・注目記事

  • やさしい石油精製の本
  • 新レポート Cross View 軽油重油