用語集

温室効果ガス(GHG)

オンシツコウカガス

英語:Green house gas

大気圏にあり、地表から放射された赤外線を吸収し、再び放出する性質があるガス。温室効果ガスが増えることで、太陽で暖められた地表から外に向かう赤外線が、熱として大気に蓄積され、再び地球の表面に戻ってくることになる。二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボンが温室効果ガスの対象となる。

facebook      twitter

About SSL?