第147回 LPガスを爆買いしたのは誰だ? ~の巻(2020年5月20日)

お出かけが出来ないから、人も動物もみんなエネルギー不足ね~。

そうだね。エネルギーといえば、今は各国で人やモノの移動が制限されているから、航空機の燃料やガソリンの需要が世界的に落ち込んでいるって聞くよ。

その通りね。ただ、この春、ある種のエネルギー需要が盛り上がった国があるのを知っているかしら?都市封鎖(ロックダウン)の導入後、LPガスを爆買いした国があるのよ。

ロックダウンということは日本ではないよね。う~んと・・

正解はインド!インドでは、ロックダウンが始まった3月下旬から4月にかけて、国営企業3社が揃って入札を開いて、合計53.4万トンのLPガスをスポット調達したの。ちなみに、2月から3月初めの調達量は13.2万トンだったから、それに比べると相当な量よね。

インドってもともとLPガスの輸入量が世界で2番目に多いんだよね。ロックダウンが始まってからなぜLPガスをたくさん買う必要があったの?

それは、使用用途に秘密があるのよ。インドでは、需要のLPガスの約9割が家庭での調理用なの。

へ~そうなんだ。ロックダウンで外出が出来なくなって、家庭で料理をする機会が増えるからってことかな?

鋭い!輸入業者は需要の増加を見込んで、スポット玉を大量に買い付けたのね。

インドがたくさん買ったことで、LPガスの価格は上がったのかな?

そうなの。リム情報開発は、サウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコ社が発表するターム契約価格(CP)の予想値を毎日更新しているのだけれど、その数値が3月末からの1カ月で2倍以上も上がったのよ。

その間、原油価格はどんどん下がっていったよね。面白いな~。

エネルギーと一口にいっても、種類によって需要と供給の動きが違うのがよくわかるわね。これからも、インドの動きでLPガスのマーケットがどう変わるか注目よ!

政府の政策とも繋がることがわかったよ。ニュースもきちんとチェックしなくっちゃ!それにしても、インドのことを考えていたら、おなかが減ったな~。カレーを作って、ぼくもLPガスの需要に貢献しよう!

も~結局食べることで頭がいっぱいじゃない!でもおいしいカレーが食べられるならいっか、賛成ー!

【お知らせ】
このコーナーに対するご意見、ご質問は、下記まで
電話  03-3552-2411
メール info@rim-intelligence.co.jp

(文:寺内 )
クイズに挑戦してみよう!
今回の
「やさしいエネルギー講座」から出題!

インドのLPガス需要で最も多いのは?

正解と思ったボタンを押してみよう。

エネルギーの知識をさらに深めたい人は、一般社団法人日本エネルギープランナー協会の検定に挑戦してみよう!

https://www.energy-planner.jp

(リム情報開発は、一般社団法人日本エネルギープランナー協会を応援しています)